お取寄せスイーツならネットで買えば断然お得!お買い物なら楽天市場

チーズケーキの歴史

チーズケーキの歴史を振り返ってみよう


チーズケーキの起源は古代ギリシャまでさかのぼり、紀元前776年の第一回古代オリンピックの期間中、アスリートたちに振る舞われていたようです。

ギリシャのチーズケーキをヨーロッパ中に普及させたのはローマ人であるが、現在のチーズケーキとは味も見た目も違っていました。現在のようなベークドチーズケーキの起源は中世前期ポーランドのポドハレ地方にあるといわれています。

フレッシュチーズをふんだんに使用したチーズケーキセルニックは、ここの住民でゴラール(ポーランド語でグラル)と呼ばれるスラヴ系の山の民(グラルは文字通り「山の民」の意味)の郷土食であり、ポドハレ地方では現在でも各家庭のお茶菓子として日に数回も食べられているらしい。

数世紀のちに、チーズケーキは、ポーランドからの移民(とくにポドハレ地方の近くの大都市クラクフからのユダヤ人)が持ち込んだレシピを元に、アメリカに出現する。

1872年には、フランスのチーズ、ヌーシャテルを再現しようとしていた牛乳屋が、クリームチーズを新たに開発した。
ウィキーぺディアより引用しております。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック
蔵王チーズ クリーミースプレッド・バニラ
ほんのり甘くて、チーズケーキみたいな感覚で食べています。バニラが一番好きかな。また買います〜☆実用品・普段使い  美味しかったです。ホントに美味しかった!実用品・普段使い&nbsp..
チーズケーキ情報ナビ【チーズケーキ好き集まれ】フレッシュチーズの極意


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。